読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々あった水曜日

東日本入国管理センターからの警告を受け記述の一部を削除しました。また、記述の一部を伏せ字にしました(経緯については、「このブログと入管の検閲について(ブログ管理者より)」を参照してください)。

(削除)

 午後2時半くらいに不服申し立ての書類を提出する為、その担当が来ました(10月3日の件について)。
 しかし、その書類をコピーに出している為、確認してまた来るとの事。
 その後、運動だったので運動場に。しかし、この日の運動のサッカーに少し問題が。
 ある×××の人が間違えて×××の人の足を蹴り、×××の人が怒って×××の人に蹴り返して互いに怒鳴り合いを始めました。後少しで殴り合いになる所でしたが、皆で事が大きくなる前に静止し、ファールとしてサッカー再開。

 午後のフリータイム終了後の16:35分頃、また不服担当のTさんに呼び出され、要件は書類に日付が書いてなかったので、10月9日付にして受理してもらい、暴言を言った担当のID番号は知っているのかと聞かれたので、僕の日誌を確認して教えました。

 その後の16:45分から歯科治療に。
 東京からの引き継ぎの治療が1ヶ月以上もかかっています。本当に医療は時間がかかり、どんなに重傷でも順番なので、痛みをがまんするしかないのです。

 9Bに帰ってきたら、×××号室の前に2人の担当がいて、弁当がろうかに落ちて言い合いがありました。
 詳しいことは分かりませんが、「ermano、こいつらPutoだよ!」と×××の若い人に言われ、入管がめちゃくちゃな言いつけを言ったのは何となく分かったような気がしました。
 他の部屋の人達もこの言い合いを部屋のドアのガラスから見ていて、ただならぬ空気がここにありました。
 入管はドアが閉まっている時に変な事をするのが多いので、皆ストレスですし、わざわざドアが閉まってから刺激的な行為をしてくるのでずるがしこい組織です*1

 夜、「物品購入申出書」に名前を書かないで、「オレ達」と書いて提出した所、10時前に「名前を書いて」と担当に言われましたが、拒否しました。ふざけてると思いますが、僕からしたら個人情報の漏洩になり、売店の店員に私の名前が勝手に知られる事には同意してないし、その同意書も書いていないので書けませんと言い、ボスに後は話しますと言われてテレビの続きを。
 10時15分頃にボスが来て、同じ説明したけど、書いて下さいと言われ、書きました。
 同室の人がお祈りしていたのと、わざわざ来てくれた事に対してです。
 隙があれば、どんどん突っ込んで行きます(^▽^)/
(2012年10月10日、水曜日)

*1:東日本入管センターでは、16:30に午後の開放処遇が終わると、被収容者はフリースペースから4,5人ごとの居室に入ることを命じられ、翌朝まで施錠される。