読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発信制限

 午後のフリータイム終了後に、ボスが呼んでると担当に言われ、フロア外にある調べ室に行くとブロックボスが待ってて、朝、外部発信する為に出しておいた手紙(日記記載等)が机の上に置かれてあり、その手紙は外部に出せない、と。
 理由は、部屋番号と国籍が書いてあり、個人の特定が出来る為。

 なので「ルームナンバーと国籍を消し、今すぐ出します」と言った所、「部屋に戻ってからその作業をしてもらい、明日の朝にまた提出して下さい」と言われたが、明日入管に送ってもらえる保証がないのでその場でルームナンバーと国籍を消し、確認してもらい、提出しました。
 ちなみにこのボスは2,3回ほど事務所に戻ってさらにその上司にこの状況の報告と確認の電話を入れてました。
 何でこの場でやったかのかと言うと、部屋に戻って明日出してもまたダメ(何かしらの理由で)と言われたらさらに次の日の発信となり、その報告もフリータイム終了直後の時間で何も言えない、出来ない状況なので、すぐにやらざるをえないのです。

 今日は26歳の誕生日であり、何も変わらない1日でした。
 あえて誰にも言わず、ひっそりと自分の歳について考えて、捕まってから3年の月日をふり返ってみました。
 本当に3年も早いもので、外に出たらどうアクションしていけば良いのか....
 自分では分かっていても、本当の現実味が少しないです。
(2012年11月1日、木曜日)