読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統括との話し合い(3月15日の日記)

昼食
揚げ餃子(○)、フルーツ寒天(ゼリー)、南瓜と人参ブイヨン煮(×)、昆布サラダ(×)、フルーツ(グレープ)

夕食
ビーフジンジャー(×)、漬け物(△)、ハスとニンニクの芽ソテー(×)、カリフラワーのスパゲティ(△)、フルーツ(パイン)

夜9時頃からある人の症状の通訳の為、ブロックボスと話を(調べ室で)。
この後にブロックボスに以前から話し合いを待たせられている統括との話を今日したいのでと申し出て、夜10時過ぎから統括Tさんと話を。
最初には自分1人だけが呼ばれ、何の話をと質問されたが、まずはいつもの3人で話したいと言ったが、消灯後の為もう1人だけ呼んでと。なのでこの日は自分ともう1人で話を。

まず始めにSさんに言った事が、今日はぶっちゃけた話をしたいと。
そしてその前に最近となりのフロアであった、収容者をフリータイムの後、皆が部屋に食事の為戻ってる時間帯(11:40~13:00)を計り、その者を無理矢理連れて行こうとしたが、あれは今後どんな状況でも止めて欲しいと*1
その本人も興奮して余計事態も悪くなるので話し合いで解決して下さいと。そしてもしそのような事実があれば自分も徹底して抗議しますよと言い、Sさんはそうできればと話をにごしました。
今日はぶっちゃけた話し合いなので、まずはあなたの事は嫌いですとハッキリ言い、ウソをつくのでと伝え、福山[所長]は7?[ママ]で悪い事しかしていないと。これらは自分のグチと叫びと願いで今後話していきますと伝え、まずは統括は何人いるのかと聞き、5人いると。その統括はどこまでの権限を持って私達の為にやってくれますかと聞いたが、これもしっかりした答えはくれずにいました。
自分は今後大嫌いになるか、改めさせられてゴメンナサイと言うか分からないが、行動して欲しい事を言い、
まずは、
(1)仮放免を弾力的に[運用して]欲しいと言った所、
→これらは私達では言えず、部門も違うのでと。

(2)医務診断の改善について。
→改善については今後も話し合わなくてはならない、改善に努める。

(3)面会の制限はやめて欲しい。BOND(外国人労働者・難民と共に歩む会)に対して嫌がらせ的な行為(面会を遅らせる行為)はやめて欲しい。
→面会は毎日制限しているわけではない。その日の混雑をみて対応している。
→3人以上の収容者の連行に2名の職員(ガードマン)を付けるのは保安上で、万が一の逃走防止の為。
→(ガードマンとコミュニケーションは取れてると言った所)コミュニケーション取れている事には嬉しいが、皆を信頼できない所もある。
→BONDにわざとな嫌がらせはない。立ち合い職員を毎回確保するのに、その人の仕事を優先しないといけなく遅れる。

実際かなりの遅れがあるのは面会に来るボランティアの方々も分かり、BONDに対しては非常に長い時間待たされています。

(4)サッカーを中止する話が出ているみたいだが、やめて欲しい。一応40分の時間になっているが30分~35分の間でやっているのがあり、皆、心理的にあせってケガしていると思うので、対策としては来月4月に合わせて、運動時間を1時間にして、余裕を持ってやりたいと言った所、
→検討して、良い案があればやっていきたい。

(5)食事の混入物、虫、毛が入っているので再発防止に努めて欲しい。
→業者にはその都度ただ言ってるだけではない。今後もあれば、しっかり言っていく。

これらは事実であり、認めているので、どれだけあるのかと思われますね。

最後の方には自分の知っているガードマンが来月変わる事をウソ付かずに言ってくるかとさりげなく話をふったら、見事、ガードマンが変わるかどうかは知らないと言われ、ウソをハッキリ言われました。
ガードマンの入札は2月7日(木)に行われ、[現在の業者が]落ちたと僕が知っていて*2、何で全ブロックの責任者が知らないのか。いいかげんに仕事をしているか、ウソをついているかの2つに1つです。
今後の運動時間延長の見直しにガードマンの話が出てこない訳はないので、ウソと判断し、目の前であきれました。
何だかんだで1時まで話し合いをして、時間のむだだったのかなと考えてしまいました。
最後にはフロアにある電話機に簡単なボックスを付けようかと言われ、出来るのであれば作って下さいとお願いし、話は終わりに。
(2013年3月15日、金曜日)

*1:入管は、他の被収容者や職員とのトラブルを防止するなどの名目で、被収容者を「保護室」と称する独房などに隔離することがある。こうした措置は、処遇などに関して職員に正当に抗議した被収容者に対して事実上懲罰的におこなわれることがあるが、もちろん被収容者に対して懲罰を科す権限は入管収容施設にみとめられていない。

*2:ガードマン(外部の業者)とのコミュニケーション(3月5日の日記)参照。