読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレーボール禁止(5月3日の日記)

昼食
アジフライ(×)、人参のグラッセ(×)、ワカメとオニオンのマリネ(×)、焼きうどん(×)、フルーツ

夕食
野菜のミートソース(△)、カリフラワーのマリネ(×)、煮豆(△)、スパゲティサラダ(△)フルーツ

午後1時45分からの運動で職員(看守)とトラブルが。
朝の運動で他のブロックがバレーボールとネットをはって本格的にバレーをやっていたのでこっちのブロックも楽しみにして多人数でバレーをやる為、下の運動場に降りて行ったらバレー用のボールは貸せないと。
誰も納得いかず、以前ある建物の屋根にボールを乗っけた事あるのでそのボールを取り、バレーを始めたら看守が来て、止めるようにと。
何で止めないといけないかと聞いたら土日はボールを貸せなく、ケガした時などは医者がいないので。
では何で朝、他のブロックはバレーをやれて自分達のブロックはできないのかと聞いたら、他のブロックの担当達のミスだと。
自分達は「そのブロックの担当看守達に話を聞いた上で謝って欲しい。でないと収容生活ででるストレスとこの不公平さは収まらない」と。「それまで待ってるので電話して呼んで下さい」と言って電話してもらったが、「その者達は来ない。入管として私たちが謝る」と。
ただでさえ少ない運動時間に好きな事ができないこのような状況になると、我慢できないものです。けれど我慢させられるこの体制はヒドいものです。
(2013年5月3日、金曜日)