読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「血圧180? 30分後にまた測りに来るから」と立ち去る職員(5月4日~5日の日記)

昼食
サバの幽庵焼き(△)、ふりかけ(ごま塩)、ブロッコリーガーリック和え(×)、マカロニボロネーズ(×)、フルーツ(グレープ)

夕食
チキンカレー、福神漬け、フルーツ

夜、同室の者の血圧が高くなり、180まで上がってるにも関わらず病院行きたい申出ても看守は「火曜日まで待って。その日にドクター来るから」と(時間10時50分)。
(2013年5月4日、土曜日)


昼食
チリ豆腐(×)、ポテトサラダ(△)、オクラのフリッター(×)、あんかけ焼きそば(×)、フルーツ

夕食
鶏肉の醤油香り揚げ(△)、フルーツ寒天(ゼリー)、大根と人参のなます(×)、春雨のエスニック風(×)、フルーツ

午後4時50分頃からピンクパンサーの症状について看守責任者と話を。
彼の症状はここ数日まともな食事が食べられず、体が受け付けなく身長173あるが体重は50キロになっていて、顔もやつれています。
この職員は他のと違い積極的で、火曜になる週明けに診療受けれるようにしてくれ、それまで様子見として血圧チェックの表を作ってくれて食事の配慮もすぐおかゆに切り替えてくれました。

夕方6時50分頃、同室の者が調子悪くなり、心臓も激しくなったりまともに息も出来ないと私達に言ってきたので看守を呼び、そのまま訴えても「血圧を測ってからね」と(この時はジャイアン*1)。
この時の血圧は上が180で、看守のジャイアンはまた30分後に測りに来るからと言い去って行きました。
30分後、再び測りに来たら今度は182で熱は36.5で、自分が「どうするんですか?」と聞いたら、また30分後に来るからと言い、去ろうとしてそれを聞いた症状のある人はすぐ外に一緒にジャイアンと出て行き、調べ室で話をする事に。
ちなみにこの人は難民として成田*2で拘束されている人なので日本語はまったく分からない人で英語でしかコミュニケーションは取れません。
この人は結局病院に行けましたが、救急車でこんなにヒドい症状にも関わらず腰になわを付けて自由に治療を受けられない、少なくとも犯罪者として周りに見られているのでまともに色々受けられる検査を制限されています。医師によって違いありますが、積極的な医師いますが、入管側はこれをやりたがらないです。
この人は調べ室で話をした後に病棟に10分位入れられ、大便臭のある部屋で待たされ病院に行き、この時は血圧の数値も210まで上り、外の専門の医師が「何でこんなにヒドくなるまで待たせるのか、10分後だったらどうなっていたのか」と言っていたそうです。
(2013年5月5日、日曜日)

*1:4月に赴任してきた態度が反抗的で場違いにやかましい看守。ジャイアンのデビュー/骨折しても放置/中身のない唐揚げ(4月3日の日記)参照。

*2:成田入管の闇(4月14日の日記)参照。