読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お偉方の視察?(5月14日の日記)

昼食
コーンオムレツ(×)、フルーツ寒天(ゼリー)、大根サラダ(×)、春雨のエスニック風(×)、フルーツ

夕食
ドライカレー(○)、ふりかけ(ごま塩)、いんげんのマスタード和え(△)、厚揚げのキノコソース(×)、フルーツ

午後1時過ぎ、リーダーに統括来るように頼んだ。

運動中、リーダーが来て何の為に統括呼んでいるのか、用件をサッカー最中に聞きに来て、渡す物があると言い、統括でないとダメなのかと聞かれそうだと。さらに何を渡すか聞かれたが統括来たら渡しますと。

そして運動後にも来て、その下の看守責任者ではダメなのかと聞かれたが、統括に渡す物なので来ないと渡せないと。
では何を渡すのか、具体的に教えて下さいと言われたので、記録書と申出書と言い、前回統括に渡した物に関係ある物なのでと伝えた。

午後3時頃、面会行く前に所長より偉い方達が巡回をしてました。スーツを着た者達で、事務室内部を入管看守達に聞いたり、薬関係を色々質問していたみたいです。
ちなみにドアを開閉する下っ端も何人かいて、裏でスタンバイしてました。
これは中でもなかなか見られない光景で法務省の偉い方達か視察委員の者達ですね。この時自分は面会行く途中でこの集団に近かったので、所長の名前を呼びあいさつしたが全く相手にされずドアを閉められました。
なので外から大きなガラス越しから中を見ていたら首席が出てきて少し話を。
首席は僕の名前を知っていてくれ、自分は前々から話したいと言っているけどと言ったらまた近いうち来るからと言われ、待ってますと。
そしたら真剣な話をしたいからと言われ、自分はいつも真剣ですよと言い別れました。これを言った後、少し恐い顔をされ、真剣な顔にもなっていました。><

4時35分頃、統括が来ましたが自分だけ呼ばれ、1対1で話を。
まずは渡す物を渡し(記録書、申出書)、今まで申出てきた事実関係の詳細な日時と担当を書いた物を元に新たに、仮放免、医療、食事改善、隔離が何で多いかを話し合いを。と言っても一方的に聞いてるのが多いが、隔離はメリハリを付けないといけなく、職員の負担が多いからと。
要するにこれが今の所長のやり方ですね。使える規則を使っているとも言ってました。そしてスパイ*1についての話も。
かくまってる所が見えみえです><
(2013年5月14日、火曜日)