読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰室拒否ストライキ(1)(6月18日の日記)

昼食
揚げ餃子の野菜あんかけ(×)、鰹ふりかけ、煮豆(△)、野菜のマリネ(×)、フルーツ

夕食
牛シャブ(△)、ふりかけ(ごま塩)、カリフラワー人参ピクルス(×)、ハーフコロッケ(△)、フルーツ
 

本日、他ブロックをまたいで40名以上でのストライキ(帰室拒否)を行いました。

その経緯は、次の通りです。

午後4時10分頃からとなりのフロアで、ある人が看守責任者とタバコを吸いながら5分間、調べ室で密談。
ちなみにこの人はよく看守達に密告すると、スパイの疑いが強くフロア皆がそう思って、あまり相手にされず嫌われてる事で有名な人です。
看守責任者は調べ室入る時と出た時の顔が違うし、自分をさけてた所があります。

その約5分後、
看守責任者が来て、自分と2人だけで話をしたいとフロアの外から言ってきたのでそれを断り、「話あるなら中で話しましょうよ」と言い、フロアの中で話をする事に。
話はかなり遠回しだったので率直な話と言った所、
「これからしようとしてる事だけど、やらない方が良い、このままだとbig papaが首謀者になって不利になるから。」
自分が何か言ったらそれを揚げ足とって、やるんだな、認めるんだな、と。
その後自分が、「さっき話したとなりの人から聞いたんでしょ?」と言ったら、「それは何話したかは言えず、他のブロックでもbig papaの名前は聞いてるから」と。
自分は自分なりのアピールをするだけで、自分を首謀者にするのは入管の陰謀で、もし自分にだけ不利な事や何かしたら訴えて、裁判にしますから。
言うだけ言わせてもらったらちょうどタイミング良く4時30分で本日のフリータイムは終了。
この責任者を含み、他の看守もフロアに入り、「時間ですので部屋に戻って下さい。」

「自分達は部屋に戻りません。」
と言い、ストライキ開始ともっと上のボスを待つ事に。

4時30分~4時50分
色々な看守達がフロアに入ってきて、色々な人達に何で部屋に戻らないの?と質問。
自分の所にも他の責任者が来て、何で入らないの?と聞かれたので、

(1)仮放免について
 ・何で2か月も許否の結果がかかっているのか。
 ・不許可についての理由説明。
(2)医療の改善
(3)人権の尊重
(4)チャーター機 〔 による一斉送還 〕 は実施するのか?

4時50分~
この時点で外は警備看守達でいっぱいに。
そして統括が中に入って話を。同時に30名位の看守達もフロアに。
自分達は卓球台で部屋に戻る通路をふさいでその上に座っていたので、「それを戻しなさい、部屋に戻りなさい」と始まり、20名以上いた私達は今回のストライキを話し合いの場を真剣にしたい、深刻に状況をみて欲しい、と訴え、皆怒っていました。

この話し合いは、
5時20分まで続き、
デイルームで話を聞くと話は進んでいき、3名位の職員だけが残って、他の看守達は、7人がストライキを行っている下の階(僕達とは別のフロア)へ。
(7人のストライキ者に対しては50、60人の職員がフロアに入り、圧を掛けに。でも7人は毛布も持ってきて寝てる人がいれば座ってる人も、そして何十人にも囲まれて大声で触らないでと言う人も。ここのフロアは5時40分位まで部屋外にいました。)

デイルームでの話の内容は、

  • 仮放免の結果が2カ月になっているが、なぜ?
  • 仮放免部門の担当者は話を聞きになぜ来ない?
  • 仮放免不許可時の理由の説明を。
  • 何で外にいる家族の事も考えてくれない。
  • 面会もなかなか来れないし、Telはいつでもできない。
  • 長い人を出して欲しい。長期収容反対、仮放免を弾力的に(2、3年の人もいる)
  • 世界にくらべてここは(入管)人権ない。入管センターは環境厳しい。
  • 医者を1ヶ月も待たせないで。
  • 薬の処方は品川と違う(説明書ない)
  • ダメな理由(結果)、仮放免について基本的な理由、ダメなルール、プラスマイナス要素教えて欲しい。
  • 奥さんがいる事、裁判中の者はプラスになるのか教えて欲しい。
  • ご飯の混入物、虫などのミスを認めてる?
  • 何年もいる人いるので収容期間を決めて欲しい。
  • 同じ理由で1、2、3はダメ、4回目はOKになるけど何で? 期間関係あるでしょ?
  • 刑務所から来た人は何で長い?
  • 刑務所で服してきたのに何で他の人より長い? 皆と比べたら倍になる。
  • 刑務所で1年、入管で2年の人いる、何で?
  • オーバーステイで23年日本にいて今さら帰す、おもちゃかよ。
  • チャーターは行われるのか。
  • 裁判やってる人はここにいる意味ないでしょ。
  • 保証金、保証人、全てあるのに逃亡する意味ないでしょ、ビザ欲しい人が!


皆で以上の申出と返答を明日まで待つと言い、明日これをテーマの会議をすぐにやって、答えに午前中までに来て下さいと伝えました。
そして、深刻な問題ですのでと言い、
5時55分には皆部屋に戻り今回は一段落。

ちなみにとなりのフロアは5時半前には皆部屋に戻っていました。(約10名以上)
(2013年6月18日、火曜日)